メニュー

貸し倉庫の種類と相違点そして重要ポイント

貸し倉庫のタイプについて

現在、一般人でも貸し倉庫であったりトランクルームを有効に活用する人が随所に広がっています。家財道具を預けたり、さらに個人的な趣味のスペースにされるなり、不要になったピアノを預け入れたりと、目的は多種多様です。貸し倉庫は、いろいろな種類があります。簡単に説明しますとトランクルーム専門業者がマネージメントするものと、引越し専門業者が運営を行うものなどです。前者については長期にわたり積荷を預けるのにふさわしく、後者については引越しにあたって単発的に預けるのに丁度いいです。

屋内と屋外の相違点とは

貸し倉庫は、屋内と屋外が見られます。屋内については、ビルやフロアを倉庫と位置付けているものです。サイズは、コインロッカーの大きさから始まり、10畳くらいです。屋内ですから、通気性であるとかセキュリティが行き届いており、訪問しやすいことがアピールポイントです。屋外形式は、物置であるとかプレハブと考えられます。非常に大きなものは、部屋並みのものもあります。都市郊外にあるので交通アクセスが不自由ですが、非常に大きなものや、さほど使わないものを一緒に預かってもらうには奨励できます。

貸し倉庫を選考する際の注目すべき点

貸し倉庫については、料金そして設備、さらにセキュリティ、あるいは保険の有る場合と無い場合、それからサイズなどいくつもの面で異なってきます。しかしながら一番重要なことは、自分自身の住まいから交通アクセスが申し分ないか、コストに無理を感じさせないか否かです。コストに関しては、初期にかかる費用や月額使用料があります。初期にかかる費用のなかに、事務手数料や礼金、さらに保証などが入っています。月額使用料に管理費が強いられる場合もあります。専門業者ときちんと相談しながら選びましょう。

物流に必要不可欠な輸送車や保管倉庫などを持たない3PL業者は、ノンアセットタイプと呼ばれています。物流資源を持つ業者に比べ価格面で不利な反面、より客観的な立場で荷主にプレゼンを行えることが強みです。

3PLの物流について