メニュー

あなたはできる人!?仕事を効率化するやり方

仕事を効率よくするメリット

同じ仕事内容でも効率よくやれたほうが早く終わることができ、余った時間を別の仕事の作業に使用したり、残業時間を減らすことが可能でしょう。また、残業時間が少なければ自分の時間を長く持つことができるので、体を十分休めたり、趣味に時間を使うことで仕事のストレスを軽減し、次の仕事も頑張ろうという気持ちも生まれるでしょう。そのため、仕事をどのように行えば作業が早くなるだけでなく、より完ぺきにこなせるのか知る必要があります。

効率化する理由を決めて、上手に休憩することが大切

仕事を行うときにはただ急いでやれるようにするだけでなく、なぜ効率化をしたいのか理由を考えることが必要であり、する目的が見つかったらどのように行動すると目的を達成できるか決めやすくなるでしょう。また、時間がもったいないからといって休憩を取らずに仕事をやり続けていると集中力が途切れてしまい、ミスをしやすくなるだけでなく、ミスした部分を直す必要が出てしまい、作業時間が長くなってしまうので、休憩は上手に取りましょう。

仕事をやる順番やミスしたときのことを考える

仕事の量が多い場合にすべて自分だけでやろうとしていたら、集中力が低下してしまい作業スピードが落ちてしまいます。そのため、自分にとって面倒だと思う仕事はできるだけ早い時間に終わらせるようにしたり、自分でなくても部下などに任せられるものならある程度は任せてしまうと時間を無駄にせずにより多くのやる必要のある仕事をこなすことが可能でしょう。また、自分や仕事を頼んだ部下がミスをしてしまったときには作業時間が増えてしまうので、たとえミスする可能性が低くてもミスしたらどうするのか対策しておくと仕事の効率化に繋がりますよ。

ワークフローは業務を行う手順のことで、同じ業務を複数人が行う場合に、品質のばらつきを防ぐ役割をします。