メニュー

復活の兆しあり!廃れた活版印刷が見直されている

活版印刷が減ったのはほかの印刷技術が普及したため

名刺の印刷方法としては、以前は活版印刷というものがよく利用されていました。しかし、最近ではほとんど利用されていません。なぜ廃れてしまったのでしょうか。まず、理由として挙げられるのは、代替の印刷方法が出てきたということです。オンデマンド印刷、オフセット印刷がそうで、どちらとも活版印刷よりも手間がかからず、安く大量に印刷することができます。そのため、客の多くがそちらに流れて、活版印刷を使う人が減ったのです。

廃業と同時に活字が処分されていった

活版印刷を頼む人が減ってくると、印刷業者も減ってきました。活版印刷は活字を並べて印刷するというものなので、廃業する場合、その活字を処分することになります。新しく活字を作る業者はいないので、廃棄されていけば活版印刷をしたくても活字がないのでできないということになり、その結果、活版印刷がほとんどなくなったというわけです。ただ、完全になくなってはいません。活版の特長を生かして名刺を作ろうという若い職人が出てきて、少しずつ需要が伸びています。

以前の失敗が魅力と見直されて復活してきた活版印刷

活版の特徴はなにかというと、活字を紙に押しつけることでできる凹凸です。字のところだけへこむので、立体感のある名刺になります。実は、昔の活版印刷では紙がでこぼこになるのは失敗作とされていました。強く押しつけすぎた結果によるもので、理想の活版印刷はまったく凹凸を作らず字を印刷するというものだったのです。しかし、現代ではその失敗が魅力と見なされていて、結果、活版印刷が見直されているのですから面白いものですね。

封筒の在庫がなく郵送物を送付できないのでは、商売にならないです。封筒印刷業者を選ぶ際には価格も大事ですが、スピードも重要です。更に、週末や夜間も営業している業者であれば安心です。