メニュー

中級者向けのSEO対策を伝授!その隠された虎の巻とは?

キーワードは一つに絞らない

SEO対策を行っている人の中には、一つのキーワードに対してSEO対策を行っている場合もありますよね。価値あるページに対するキーワードとは、一つとは限りません。例えば、カレーライスの具の通販サイトであれば、ただカレーの具を紹介するよりも、和風カレーライスと洋風カレーライスの両方の内容を記載されているページの方が価値が高まりますよね。キーワードは、一つに絞らずに、よく利用されそうなキーワードを複数扱う事が重要です。外部リンクに対しても、キーワードを一つに絞らずに、複数のキーワードでバランス良く利用する事もポイントですよ。

サイドバーは極力設けない

従来のホームページのデザインの多くは、三カラムのデザインに対してサイドバーに項目を設ける事が一般的でした。最も扱いやすいデザインだったからです。ただし、質の悪いホームページも同じデザインが多く、サイドバーには不必要な情報が記載されていると思われている人も多くいますよ。スマートフォンの利用者にとってサイドバーのデザインは、特に不便ですよね。SEO対策を行う場合は、ユーザーの利便性についても考える必要性があります。リンクを設けて別ページに誘導したい場合は、サイドバーは極力設けずに本文の中にリンクを設ける、本文の最後にリンクを設けるのが望ましいですよ。

画像に対してもオリジナルティの高い内容で

現在の検索エンジンは、画像検索と呼ばれる画像を検索する事も出来ますよね。検索エンジンは、画像に関わらずオリジナルティの高い内容を求めていますよ。現在は、フリー写真なども配布をされているため、フリー写真の場合は同じ画像が扱われている可能性も持ち合わせています。検索エンジンは、システムの内容を公開していないため、オリジナルティの有無について判断する事が出来ません。フリー写真を扱う場合は、切り取ったり、明度や彩度を少し変えて見る事によって差を作り、少しでもオリジナルティを高める事もポイントです。

ホームページ作成とSEOのシステムは、技術者でなければ分からないことが多いため、早めに外注先を見つけることが重要です。