メニュー

タクシー運転手の良いところとしては!その業務内容とは

運転をすることが仕事になる

タクシー運転手の良いところは、車の運転をするだけで仕事になる、ということです。もちろん、資格は必要になります。サービス業ですから愛想もそれなりに求められることでしょう。しかし、究極的に人を乗せて、目的地まで運ぶ、ということだけなのです。ですから、仕事としてはそこまで難しいことではないといえます。特に言えることはカーナビゲーションが普及したことです。これで道に迷うこともなくなったのでとても楽になりました。

出来高によって給料が変わる

固定給もあるわけですがそれ以上に歩合給が大事になります。つまりは、どれだけ稼いだのか、ということがタクシーの運転手の給料にダイレクトに影響してくるわけです。大体、取り分が半分とされていますから、日給で1万5千円を欲しているのであれば倍は稼ぐ必要があります。まして、24時間勤務で次の日は休みの人が多いですから、その更に倍は稼ぐ必要があります。しかし、稼いだ分だけ給料になる、ということはとても大きなメリットです。

最終的に独立をすることができます

個人タクシーが最終的な目標の人が多いです。これは実はかなり難しいことではあるのですが、十分に狙うべき価値があります。車の維持費などが丸々自分持ちになりますがそれでも稼いだ分も自分持ちになるからです。ですから、物凄く稼ぐことができるようになります。もちろん、これは人によって大きく違うことではあります。地域によってそもそもパイの数が違うからです。しかし、個人タクシーの方が基本的に良いことが多いので目指すことになります。

役員運転手は、企業などで高い地位にいる人物を送り迎えする業務を行う性質上、高い技量が求められます。そのため未経験者には難しく、その多くは元プロドライバーなどで占められています。

役員運転手派遣を調査