メニュー

人の評価がしっかりできる!適性検査を比較する

サンプリングが十分なものを選ぶ

採用試験を行うとき、事前に適性検査を課すことがあります。多くの応募者がいるときに一定の基準で選抜したいときに使うこともありますし、特定の適性のある人を塞翁したいときに使うこともあります。この時にどの検査を選ぶかですが、サンプリングが十分あるものを選ぶようにします。国内で良く知られている者であれば、かなりのサンプルがありますから信頼性が高いです。目的に合った人材を選ぶときに利用することが可能になります。

複数実施して同じ結果が出るか

学力テストなどを行うとき、一定の知識があれば同じ点数がとれるはずです。ただ学力テストでは、事前に問題を知っているとその対策ができます。ですから全く同じテストなら、後で行った方が高い点数になることが多くなります。実施する適性検査を選ぶときの基準としては、複数回行ったとしても同じ結果になるかです。学力テストではありませんから、事前に記憶したからといって結果が変わることはないはずです。ですから、ほぼ同じ結果が出るのであれば使えるといえるでしょう。

結果がすぐに簡潔にわかるか

生徒の学力を測定するとき、テストを行います。100点満点で何点、偏差値がどれくらいなどと数字で表すことが多くなります。数字が高ければその分能力があり、低ければ能力も低いことがわかります。数字だけが並んでいても、それなりにその人の学力がわかります。適性検査を選ぶとき、結果として出されるデータがわかりやすいかです。数字が高ければいい項目、低い方がいい項目などがあると、評価しにくいことがあります。グラフなどで表示できれば、わかりやすくなることがあります。

適性検査で本人の性格などの評価や適性能力などが重要視されますので、慎重に取り組まなくてはなりません。